会社におけるJavaエンジニアの不足

様々な業界で人手不足が叫ばれる昨今、それはIT業界でも例外ではない。中でも会社に所属するJavaエンジニアは常に不足しており、いくら人手があってもまだ足りないという状況に陥っているのだ。
Java自体は他の言語の登場によって衰退するものと考えられてきた。だが、汎用性の高さなどが注目され、再び脚光を浴びているのだ。
中でもアンドロイド端末の普及によって、それがより顕著となっている。一人に一台、タブレット端末も含めると一人で何台も所持するようになった現状とそのアンドロイド端末で手軽にできるソーシャルゲームの爆発的な普及によって、Java言語は様々なシーンで使われるようになってきている。

また、Java言語はその開発環境構築を無料で行えることもあり、家庭用のパソコンで、それも一人でアプリを開発する環境を手に入れることができるようになった。そのため、会社に所属するよりもフリーランスで活動するエンジニアが増えた事も会社に所属するJavaのエンジニアが足りない原因の一つかもしれない。
そのほかの要因として、新システム導入により足りていない現状も考えられる。時代の変化に伴う新たな制度の導入によって、かなり大規模なシステムの改修がされる場合もあるからだ。それによって大量に人員を確保する必要があるが、それが終わってしまった後は次の仕事がなく解雇される可能性もないとは言えないと考える人もおり、そのような現状ゆえに、会社に所属するJavaエンジニアが減ってきていると思われる。
しかし、一人やフリーランスでアプリ等の開発ができると言っても、その負担は相当なものと覚悟しなければならない。会社に所属するか個人で活動するかの判断を下すためには、会社に所属するメリットにも目を向ける必要があるだろう。